活動概要

社会的養護の施設と連携した個人支援

社会的養護の施設と連携した個人支援は、パートナー団体として食品を提供している母子生活支援施設や児童養護施設、自立援助ホーム等の社会的養護の施設スタッフから、「私達の施設を退所した人が食べ物を必要としているので支援してもらえないか」と相談をうけたことが活動開始のきっかけでした。詳しく聞くと、施設にいる間は様々な支援が受けられるものの、一旦退所すると生活に困ってしまう場合があるそうです。まわりに頼る人が少ない中、少ない貯金や奨学金で生活し、家賃や水道光熱費、スマホ代を支払うと手持ちが少なくなり、食費を削って体調が悪化。そのため、スタッフが自腹で食品を買って持っていくそうです。

そこで私たちは社会的養護の施設と連携して、退所した母子家庭や子ども達へ毎月食品支援箱を届ける活動を2017年から行っています。

社会的養護の施設と連携した
個人支援の仕組み

まず、施設を通じて退所した母子家庭や子どもへ食料支援の案内ならびに申し込みをしてもらいます。施設から各申込者の情報を受け取った2HNは、毎月1回食品支援箱をお届けします。施設側は宅急便で配送された食品の受領確認の連絡をしたり、子どもの一人暮らしの場合は直接届けに行くこともあります。施設スタッフからは、「毎月話をする口実ができるので、これまで途切れがちだった退所者とのつながりが維持できます。」「食品を持って行くことで色々な話ができ、困ったことを気軽に相談できるようになりました」といった声をいただいております。

名古屋から東海3県へ拡大

この取組により、母子家庭や子ども達に対して食生活の改善や食費の削減、精神的な安定等が図られ、さらに社会的養護の施設スタッフとの関係性が維持できます。現場のスタッフからはもっと広げて欲しいとの声は多数いただいていましたが、活動開始当初は新しい取り組みを始める資金が十分でなかったため、毎月10〜20世帯への送付に留まっていました。その後、事業費の一部に助成金を活用できるようになり、今では毎月80世帯へ届けています。今後は名古屋市内にとどまらず、東海3県まで支援を広げたいと考えています。