私たちのこと

スタッフ

前川 行弘

理事長

2012年7月会社退職後、9月からボランティアとして参画しました。しっかりとした明快な理念を掲げ、共通の目標に向け共に活動していくことのできる団体を目指したいと思っています。

鈴木 千里

理事

主に個人支援の箱をつくっています。毎日ごはんを食べるのは当たり前、ではない人が大勢います。一方で大量の食品が廃棄されている。やりきれない現実がある一方で、何とかしたいと思っている人々もたくさんいます。そんな人達と協力しながら、みんなが安心して毎日ごはんが食べられる、そんな世の中を目指して活動しています。

林 泉

理事

10代の頃、飢餓のためにお腹が膨れ上がったアフリカの子供たちの大きな目に射抜かれました。賞味期限が少しでも過ぎるとショップの裏口からポリバケツにどっと捨てられるハンバーガーの映像は衝撃的でした。この二つが今の私の活動の原点になっているような気がします。

松岡 篤史

理事

もらって良し、送って良し、世間良しの三方良し。近江商人の哲学です。そこに、「もったいない」を「ありがとう」に変える。を加えるとフードバンクになります。そんな活動に参加できる私は近江県人。先人の教えを楽しみながら実践していきます。

谷口 かおる

事務局

人生で本当に大切なことはそう多くない気がしますが、「ごはんが食べられること」と「人とつながり支えあうこと」は欠かせないものだと思います。フードバンクの活動を通じて、食べ物だけでなく“つながっている”という想いも一緒に届けていきたいです。

西澤 聖

事務局

ボランティアからアルバイトを経て事務局入りしました。以前から食品ロスに興味があり、他業種より転職しました。 食品ロスと生活困窮者を繋ぐお手伝いにやる気を感じてます。お腹いっぱい、笑顔もいっぱいになる人が増えるといいなぁと 微力ながら日々奔走する毎日です。

ボランティアスタッフ

20代から80代までの幅広い世代の約50名のボランティアスタッフの方々に活動に参加いただいています。

多様なメンバーが集まっていますが、共通の目的に向かって一丸となり、和気あいあいとした雰囲気の中で活動しています