FAQ

セカンドハーベスト名古屋について

セカンドハーベスト名古屋とはどんな団体ですか?

まだ食べらるのに捨てられる食品を企業・個人から寄付いただき、生活に困っている方や福祉団体へ届けるフードバンク活動を名古屋市を中心に東海地方で行っている認定NPO法人です。

認定NPO法人とは何ですか?

NPO法人のうち一定の要件をみたし、自治体から認定された法人です。認定NPO法人は、客観的な基準において高い公益性をもっているため、この法人への寄付金は企業・個人とも税制優遇の対象となります。

運営資金はどうしていますか?

主に企業・個人からの寄付金により運営しております。

セカンドハーベスト名古屋からの食品の受け取りについて

食べるのに困っています。どうすれば食品の支援を受けられますか?

私たちセカンドハーベスト名古屋では自治体や社会福祉協議会にある相談窓口を通じて食品をお届けしています。まず最寄りの相談窓口へお越しください。窓口の情報は、こちらからご確認ください。

セカンドハーベスト名古屋の支援対象地域外でも支援を受けられますか?

新しい法律により自治体に必ず生活に困っている方を支援する相談窓口がありますので、そちらへご相談ください。(相談窓口の情報は、こちらから確認いただけます。)
なお、全国のフードバンクも直接個人からの支援依頼を受けていない場合が多いため、ご期待に沿えない場合があります。

なぜ相談窓口と連携して食品支援をしているのですか?

食べるのに困っている方は、様々な困りごとを重複して抱えている場合が多くあります。そのための支援も食品支援単独ではなく、家計相談支援や就労支援など様々な支援を組み合わせる必要があるとの考えから、相談窓口との連携を積極的に進めています。

セカンドハーベスト名古屋の食品を団体として受け取れないか検討しています。食品を受け取れる団体の基準ありますか?

法人格を問わず福祉目的で活動する団体へ食品をお渡ししております。なお、食品を受け取るに際し守っていただきたい事項を書面でお約束いただきます。

お金の寄付について

寄付金は何に使われますか?

フードバンク活動を行うために必要な食品の運搬・保管、倉庫の維持費などに使わせていただきます。

寄付金の領収書は発行してもらえますか?

■クレジットカードでの継続的な寄付
年に1回、1月中に、その前年の1月〜12月の寄付金額分をまとめて領収書を発行させていただいております。
■それ以外の寄付
入金を確認してから、領収書を都度発行しております。

住所、氏名、クレジット情報などの変更があった場合はどうすればよいですか?

登録している情報などに変更があれば、速やかにこちらからご連絡ください。

クレジットカードによる継続的な寄付を停止したい場合はどうすればよいですか?

寄付を停止したい場合はこちらからご連絡ください。停止の手続きまで1~2か月程要する場合がございますので、ご了承ください。

食品の寄付について(個人)

寄付の対象となる食品は具体的にはどのようなものですか?

寄付いただきたい食品・お受けできない食品については下記をご確認ください。量については、缶詰1個から受付けています。
■寄付いただきたい食品
・お米
・缶詰(肉、魚、野菜、果物など)
・レトルト食品(カップ麺、カレーなど)
・乾物(パスタ、うどん、蕎麦など)
・ギフト(お歳暮、お中元などの余剰)
・お菓子
・調味料
・飲料(ペットボトル飲料、缶ジュースなど)
・乳幼児用食品(粉ミルク、離乳食など)
■お受けできない食品
・賞味期限が明記されていない、一ヵ月を切っている、切れている食品
・開封されている食品
・生鮮食品(肉類・魚介類・生野菜)
・冷蔵・冷凍食品
・アルコール(みりん、料理酒は除く)

寄付したい食品はどのように届ければよいですか?

段ボールなどに詰め合わせた上で、宅配便などで当団体事務所までお送りください。(送料は寄付いただく方にご負担をいただいています。)
なお、当団体の事務所に直接お持ち込みいただくことも可能です。その場合には、事前にこちらからご連絡いただくようお願いします。
■事務所住所
〒462-0845 愛知県名古屋市北区柳原三丁目4番2号 小菅ビル1F セカンドハーベスト名古屋

食品以外の物品の寄付は受け入れていますか?

個人の方からの物品の寄付は受け入れていません。

食品の寄付について(法人)

企業として食品の寄付を検討していますが、どのような食品が対象になりますか?

まだ食べられるのに捨てられる運命の食品をフードバンクへ寄付することは、社会貢献活動への参加、廃棄コストの削減、環境負荷の軽減、従業員士気の向上等、食品寄付企業側にとって様々なメリットがあります。
寄付対象となるのは、賞味期限が原則3カ月以上の以下のような食品です。
・自社で製造、販売する缶詰や乾麺、飲料、菓子類等
・自社で生産、販売する農作物や冷蔵、冷凍食品
・自社で備蓄するアルファ米やパンの缶詰、水等
・自社が保有する株の優待商品
・自社が主催する食品展示会で各メーカーが展示した食品
但し、種類や量によっては、お受けすることができますので、まずはこちらからお気軽にご相談ください。

食品はどのように取り扱いがされますか?

同意書の締結により適切に取り扱うことを書面でお約束しております。また食品配布先の福祉団体へも同様の約束をしていただいております。さらに、食品を適切に保管し届けられるよう、いつ、どこへどれだけ配布したのか記録しています。

寄付した食品は転売されませんか?

同意書にて転売を禁じる項目を設けております。同意書の内容の確認を希望される場合には、こちらからご連絡ください。

ボランティア参加について

セカンドハーベスト名古屋はどんな雰囲気ですか?

年齢層は、20代から70代まで幅広く、職業も学生を含めさまざまです。また、ボランティアをするのを初めての方も多くいらっしゃいます。多様なメンバーが集まっていますが、共通の目的に向かって一丸となり、和気あいあいとした雰囲気の中で活動しています。

平日は仕事をしていて参加できません。休日のみの参加でもよいですか?

平日だけでなく、休日に行う活動もありますので、あなたのスケジュールに合わせて参加してください。

職員としてセカンドハーベスト名古屋で働くことはできますか?

現在、職員の募集はしていません。