私たちのこと

ミッション

「もったいない」と「奉仕」の精神(こころ)をもって
フードバンク活動を通じ
東海地方における「食のセーフティネット」を構築する

日本で生まれた「もったいない」という言葉には、「無駄」という意味だけではなく、自然やモノに対する「敬意」も表しています。

私たちは、人が生きていくためには欠かすことのできない「食」に敬意をもち、誰もが安全で栄養価のある食事を得られる社会を創ることを使命としています。

無駄をなくすだけではなく、フードバンク活動を通じ企業、行政、市民など様々な人々の協力のもと、それぞれが役割を担い、お互いに支え合うしくみを私たちは社会に提供します。

理事長メッセージ

認定特定非営利活動法人セカンドハーベスト名古屋 理事長 山内 大輔

私たちセカンドハーベスト名古屋は、食のセーフティネットをつくります。

「お金がなくても、仕事がなくても食べるのに困らない、フードバンクがあるから。」

そう思える社会を、企業・行政・市民と協力してつくります。

このとき大切なのは「信頼」です。

私たちを信頼して食品やお金を寄付してくださる人
私たちを信頼して協働してくださる行政や福祉団体
私たちを信頼してSOSを出してくださる明日の食事に困っている人

様々な人から、信頼していただき必要とされる団体であり続けます。 皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。